緊急事態宣言が解除されて1週間以上が経過して

2020年5月25日を以って、とりあえず東京都の緊急事態宣言も解除されました。解除された翌日26日の午前中に用事があって外に出たのですが、休業していた店も営業再開しているところがすでに多く見られ、移動販売車の音声が聞こえてくるなどこれまでの日常生活に近い形へと戻ってきた感じを受けました。緊急事態宣言が出された以降はとにかく聞こえてくる音が減り、例えるならば大晦日の夜に住宅街を歩いているような感覚がずっと続いているような感じでした。

まだまだ解除後すぐは以前と比べれば聞こえてくる音は少ない気もしていましたが、6月に入ってからはかなり外出している人も増えたし、電車の中などで会話している人も増えてきたのでだいぶ緊急事態宣言前に戻ってきたような気がしています。気の緩みと言えばその通りなのでしょうが、かといっていつまでも感染を怖がって何もしないわけにはいかないので悩ましいところですよね。

緊急事態宣言が解除されたこともあり、どうしても必要だったので靴を買いに行きましたけど、同じように購入しにきた人たちも多く、店も賑わっていたので経済活動の方も徐々に回復傾向で推移するのかもしれませんね。運良く、仕事の方も解除に合わせて動き始めたため、感染するリスクを避けたいので人が多いところに行くのは避けていますが見ている分にはショッピングモールなんかも大勢の人が行っているようで経済的にはいい傾向なんだろうと思います。

ただ、引き続き悩ましいのが「第二波が来るであろう」って方が予測としては正しいだろうし、感染者数が増える可能性が残り続けていることなんですよ。仕事はなんとか問題なく動かせているものの、当初動こうと思っていた形となるとどうしても動き回る必要が出てくるので「踏み出したはいいものの、また自粛する必要が出てくる」となった時にめんどくさいわけです。ただ単に仕事が止まるだけであればいいのですが、人員拡大を含めて本格的に動きたいので先行きが見通せない中で採用を進めることのリスクをどうするかってところで悩みが尽きません。

チャレンジはしたいと思うのですが、チャレンジした結果として共倒れしてしまったらなんの意味もないですからね。。。意外と?慎重派の性格をしているので踏ん切りがつくまでは考えつく限りのリスクを洗い出して、それでもやるとなったらとことん動く!というタイプであるものの、先がまったく見通せない外部環境についてはいくら考えても結論が出ないので困ってるわけです。

まぁ、まだまだ大変な状況は続くと思いますが、一歩一歩進んでいき、リスクを潰せるように対策をとっていければなと思う今日この頃です。

全般

Posted by いとひろ