iPad miniを活用するためにアプリを増やし始めた〜初回〜

いとひろ(@soxbidwhwork)です。

先日記事にしたようにiPad mini5とApple Pencilを購入して仕事で活用しようといろいろと試しています。

「iPad mini5」と「Apple Pencil」でデジタルノート生活を開始!

主にはアイデア出しの時にノート替わりで利用するだけでも十分重宝しているのですが、せっかくだからいろいろ使えるようにしたいですからね。まだよく使われているアプリしか入れていないのですが、現時点での状況をメモ代わりに残しておこうと思います。

procreate

これは先日の記事にも書きましたが、ノートとして使うために入れたアプリになります。ネットでこのアプリについて検索したらほとんどがイラストアプリとしての紹介がされているように、イラストアプリになります。イラストを描く人にとっては十分と言えるほどの機能が揃えられているようです(イラスト描かないのでわかりません)。

今のところは製図ペンを使ってただの線を引いて字を書いたり、ちょっとした図を書いたりしているだけなので機能をまったく生かせていません。ただ、たまに「イメージを手書きでいいので送ってください」という話をもらうことがあった時に、エクセルとかワードで図を使ってちまちまイメージ図を作っていたのを(下手なので恥ずかしいですが)、パッと書いたもので送れるようになるのは作業効率を高められるのでいいかな、と思っています。

三角とか四角を使った簡単な図であれば、procreateを使うと綺麗な直線を簡単に引くことができますし、水平や垂直の線にすることも簡単なので楽に作れます。これはめっちゃ便利だったので忘れないようにメモしておきます。
・綺麗な直線を引く方法:線を引いた後に少しの間Apple Pencilを停止すると線が直線に変わる
・水平や垂直にする方法:線を引いてApple Pencilを触れた状態のまま画面を触れると水平/垂直になる

アプリをインストールするとプロ?の方が描いたらしいサンプルが入っていて、めちゃくちゃうまいのはもちろんだけど、直線なんかもめっちゃ綺麗に引いてあるのに驚いたんですよね。「定規使って描いてるのかな?」とかアホなことを考えながら念のために検索してみて良かった(笑)

他のノート利用をメインとするアプリでも同じような機能がついている可能性はありますけど、簡単な図や表を書くことが多い自分としてはこの機能があるだけでも買って良かったです。レベル低い話で申し訳ないですが…

Google系アプリ

これについては細かく説明する必要もないと思うので簡単にまとめておきます。

Googleマップ:外出中はスマホで検索するけれど、作業中に場所を確認する時のためにインストール
Googleフォト:今後写真を使った加工をする時のために共有できるようにインストール
Googleドライブ:仕事でGsuiteを利用していて必要なファイルをぶち込んでいるので共有できるようにインストール
Googleカレンダー:パソコンから入力することが多いが、簡単な入力を行うためと閲覧用にインストール
Googleスプレッドシート:ちょっとした数字管理を行なっているので、その管理と入力用にインストール

比較的早い段階(Google Apps時代から)からGsuiteを使ってきたので今でもGsuiteを利用しているんですよね。Office365でもいいんでしょうけど、使い慣れているってのは結構重要ですからね。そういう意味では、iOSではなくてAndroidでいいタブレットがあればそっちを利用した方がより便利になるのかもしれませんが、iOSでも十分便利です。

Notion

これも前回の記事で少し触れましたが、情報収集/蓄積用に最近使っているWebサービスのアプリです。元々はGoogle Keepにいろいろとメモを残していたものの、使い勝手が正直微妙だったので乗り換えました。Evernoteも使ってみていたのですが、あまりうまく使えなくて断念していたのでNotionを見つけたのはかなりラッキーでしたね。

Notionの細かな説明はまたいつかする…かもしれないので割愛するとして、ざっくりとどう使っているかを書いておくと、
1.TOPページを作って、そこから必要な作業先に飛べるようにリンクを貼っておく
2.主にメモ用に利用するのが最大の目的なので、メモの内容別に作業スペースを用意する
→ 「打ち合わせ」「情報収集」「アイデア」「作業メモ」「仕事用メモ」のような感じで分類
3.作業スペースはもともとあるテンプレートを利用。1番利用しているのは「Notes & Draft」というテンプレート
→ Newボタンを押すと新しいノートが作成され、タイトルとメモしたい内容を作っていく

簡単に言えばこのような使い方なので、恐らくEvernoteとかを使っているのであればそっちで十分かなって感じではありますが、この辺りはもう少し使い込んでいけば他の使い方もできそう。なにより、テンプレートが結構あって試していないものも多いので将来性は高いかなと思う。

Flipboard

このアプリはかなり前に見つけて使っていたものの、あまりにも使い勝手が向上しないので利用をやめていたのですが、今回改めてインストールしてみました。再び使い始めて思うのだけど、本当に使い勝手が悪い。。。使い方を理解しきれていないからなのだろうと思うけれど、最近のアプリはUIでなんとなくこうすればいいのかなってわかるものなのにこのアプリはどうしていいのか本当にわからないというね。

それでもこれをインストールしたのには理由があって、RSSリーダーとして使いたかったからです。というか、RSSリーダーでいいアプリを見つけたかったのだけど、どれがいいのかよくわからなくてFlipboardにした感じです。ちなみに、スマホでIInoreaderってアプリを使っているのでそれでもいいかな、とは思ったのだけどFlipboardの閲覧方法が結構好きなので一旦Flipboardに落ち着いた感じになります。

Flipboardは雑誌を読むような感じで閲覧ができるアプリです。記事がタイル上に並べられており、見た目が綺麗なのとページを移動する時に雑誌をめくるような感じで移動するのが好きなんですよね。使いやすくなってくれればもっと積極的に使いたいと思ってるのですが、どうなんでしょうかね。

Kindle

実はKindleを見るためにAmazonが販売している「Fire HD」を購入して持っているのですが、安価なだけあって操作性はいまいちなんですよね。使ってはいるものの、さすがに2台持ち歩くのは微妙なので今回をいいきっかけとしてiPad miniの方で読書することにしました。

Apple Pencilの書き心地を考えてフィルムをペーパーライクフィルムにするか迷った末に、書き心地も大事だけど画面が見えにくくなったら意味ないなと通常のフィルムにしたのが正解でした。非常にみやすい大きさだし、手で持ちながら読んでもそれほど苦にならないので電子書籍を読むにはちょうどいい筐体になりそうです。

今後の予定

今の段階だとこの程度の導入にとどまっています。今後どういう方向で活用していくのかを考えていく中でアプリを追加していくことになると思います。今の段階で考えているのは…

○映像編集系アプリ
→ ほぼ何もしていないけれど、YouTubeを使って何かできないかと考えているのでその作業用
→ ただし、MacBook Proを持っているのでわざわざiPad miniを使って作業する必要性はなさそうだけど…

○画像編集系アプリ
→ がっつりと加工したいわけではないけれど、ちょっとした編集を行えるアプリは用意しておきたい
→ ブログやTwitterInstagramなどに投稿する時に必要なら使うという程度

○サブモニターとして使えるアプリ
→ 今後Appleが機能提供するっぽいですが、iPad miniでも可能なのかよくわからないのでアプリ入れるかも
→ 作業時のサブモニターが前から欲しかったので優先して検討する可能性大
→ ただし、現在作業している場所でモニターが利用できるのでそっちで大丈夫かも

現状、すぐに必要になる作業を考えるとサブモニターとして利用できるようにするのが最優先かなぁ。ただ、よくよく考えるとiPad miniの方で普通に表示すりゃいいだけだよなってこれを書きながら理解し始めた。。。必要なデータはパソコンでもiPadでも取得できるようにしてるわけだから…

ってことで、もう少し使い方を考えてみようと思います。